バナー

話題のまつげ美容液 容器別の特徴と上手な使い方

髪だけでなくまつげのトリートメントをする女性も増えています。

まつげケアの王道はまつげ美容液ですが、まつげ美容液の容器には大きく分けるとブラシタイプ、筆タイプ、チップタイプと3種類あってそれぞれに特徴や利点、効果的な使い方があります。
詳しく見ていきましょう。
まずブラシチップですが、こちらはマスカラのブラシとほとんど同じなので使いやすく、美容液を初めて使うという方にもおすすめです。


発毛のおすすめに関する情報満載です。

マスカラ同様につける量も調整できますし、まつげの1本1本に丁寧に美容液を馴染ませることができるのも良いですよね。ただまつげエクステをつけている方は注意が必要です。

丁寧に塗るあまりエクステが外れてしまわないよう優しく塗っていきましょう。

新宿の植毛の効果の基本知識を紹介しています。

続いて筆タイプは、まつげの根元ギリギリまで塗ることができると好評です。まつげの根元や毛細血管に働きかけるのが美容液の役割ですから、生え際まで塗ることで高い効果が期待できます。

銀座の医療脱毛クリニックについて真剣に考えてみました。

しかしデメリットとして慣れていないと目や違う場所にまで美容液がついてしまう場合があるので、扱い方には1番注意を要します。

福岡の脂肪吸引関連情報を紹介しています。

最後はチップタイプ。

心斎橋の全身脱毛の口コミに興味ある方、必見です。

リップグロスのチップのような形状です。
筆タイプと似ていますが、柔らかいスポンジ素材で根元にもポンポンと軽く塗れます。
注意点としてはチップに美容液が多くつく分、塗ってる最中に垂れてしまう場合もあるのでボトルの淵などで余分な液を落としてから使いましょう。


成分も重要なまつげ美容液ですが、美容液を上手く塗ることも大事です。

ご自分にぴったりの容器でのケアでアイメイクが無くてもぱっちりとした素敵な目元を目指しましょう。